最新の流行現代振り飛車戦法の定跡と棋書の情報ポータルサイト

HOME  > 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

振り飛車4→3戦法 / 戸辺誠 / マイナビ

振り飛車4→3戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
振り飛車4→3戦法 (マイナビ将棋BOOKS)

■目次
序章 4→3戦法の概要    
第1章 居飛車からの▲2四歩対策
テーマ1 速攻の▲2四歩
テーマ2 △3二飛のタイミングで▲2四歩
テーマ3 △3五歩のタイミングで▲2四歩
・まとめ  
第2章 △3四飛、角交換型
テーマ1 ▲4七銀型の戦い方
テーマ2 ▲5七銀型の戦い方
・まとめ  
第3章 △3四飛、角交換拒否型
テーマ1 対ノーマル持久戦
テーマ2 居飛車の趣向、引き角作戦
テーマ3 居飛車、受け重視の二枚銀作戦
・まとめ  
第4章 ▲6六歩対△3二飛+△3三角型
テーマ1 △2二飛急戦
テーマ2 石田流を目指す、持久戦
・まとめ  
第5章 先手番の4→3戦法、相振り飛車
テーマ1 相四間飛車スタートの序盤戦
テーマ2 対三間飛車
・まとめ  
第6章 練習問題~腕試し~

■内容紹介
若き振り飛車党の旗手、戸辺誠六段が贈る超即戦力新戦法が誕生!!
以前からある「3・4・3戦法」に今流行の角交換四間飛車の思想を取り入れ、戸辺流にアレンジしたその名も「4→3戦法」。これからの振り飛車をリードするのは四間飛車でも三間飛車でもなく、4筋から3筋に振り直す4→3戦法です。
第1章の「居飛車からの▲2四歩」を始め、戸辺六段曰く「考えられる限りほぼ全ての変化を網羅した」という渾身の内容。この一冊で誰でも新戦法が指しこなせるようになります。
複雑な駒組みがなく主導権を握れる4→3戦法が将棋界の未来を塗り替えるかも。
全ての振り飛車党のみなさん、必携の一冊です。

■評価
おすすめ度・・・★★★★★
総合評価・・・92点

■感想
すべての章において非常に参考になる形が出てくる。
とくに、相振り飛車までも多めに解説にいれてくれているので、角交換振り飛車を指すための最初の一冊としてもとても役に立つし、また、上級者~有段者が戦法のレパートリーを増やすにはもってこいの万人向けの内容になっていて、大変良いと思いました。
コラムで著者自身も言っていますが、以下の2冊も合わせて読むと良いらしいです。

マイコミ将棋BOOKS よくわかる角交換振り飛車
マイコミ将棋BOOKS よくわかる角交換振り飛車
戸辺流相振りなんでも三間飛車 (マイコミ将棋BOOKS)
戸辺流相振りなんでも三間飛車 (マイコミ将棋BOOKS)

前者は角交換振り飛車を指す上で必ず目を通しておきたい内容が多く載っています。広く浅いものの、書かれている内容は実戦でも現れやすい非常に大事な変化ばかりです。初級~中級者向けです。
後者については、なかなかマニアックで現代振り飛車での相振り飛車を戸辺流相振り飛車というものを体系化できており、上級者向けだとは思います。
初級者の方は相振り飛車の壁に当たったときに読んでみると良いと思います。

■2chの反応
スポンサーサイト
[ 2013年05月10日 18:46 ] カテゴリ:【棋書感想】その他の振り飛車 | TB(0) | CM(0)

将棋の教科書 現代振り飛車 / 鈴木大介 / 日本将棋連盟

将棋の教科書 現代振り飛車
将棋の教科書 現代振り飛車

■内容紹介
日本将棋連盟が初段までの道のりを強力にサポートする「将棋の教科書シリーズ」の第4弾!!今回は現代振り飛車を扱います。現代振り飛車とは今、まさに定跡が形作られようとしている流行形、具体的には石田流、中飛車、角交換四間飛車を指します。
本書では、それらの戦型の駒組みから終盤のコツまでを鈴木大介八段が丁寧に解説しています。流行形を指してはみたいもののなかなか自信が出ない方、あるいは指してはいるものの今いち急所がつかめていない方などにとってはまさに必読の一冊といえるでしょう。

鈴木八段の振り飛車の教科書最終巻、ぜひ手にとって読んでみてください。

■もくじ
第1章 序盤編
 第1節 石田流三間飛車の序盤
 第2節 先手中飛車の序盤
 第3節 角交換振り飛車の序盤
 
第2章 中盤編
 第1節 石田流三間飛車の中盤
 第2節 先手中飛車の中盤
 第3節 角交換振り飛車の中盤
 
第3章 終盤編
 第1節 石田流三間飛車の終盤
 第2節 先手中飛車の終盤  

■おすすめ度 ★★★☆☆

■難易度 初心者~中級者

■総合評価 69点

■感想
まず教科書でありながら、定跡が体系化していないので整理がしにくいのが難点です。
しかしながら、広く浅く触れていくという面ではガイドブック的な役割もあります。つまり、ガイドブックと定跡書の中間地点にあるような存在ですが、若干中途半端巻が否めません。

振り飛車を指し始めた初心者が次に読む本として扱っていくと良いとおもいます。
[ 2013年05月04日 12:33 ] カテゴリ:【棋書感想】振り飛車総合 | TB(0) | CM(0)

【ついに新刊】相振り飛車の教科書

待ちに待った相振り飛車の棋書新刊が出ますねっ!!

発売日は5月23日です!

相振り飛車の教科書
相振り飛車の教科書

前回の相振り飛車の棋書から約2年です。ようやく定跡が整理できます。
しかも、相振り革命で有名な杉本昌隆七段です!とても楽しみですね~~!!

■これまでの相振り飛車のバイブル棋書。
マイコミ将棋BOOKS 相振りレボリューション
マイコミ将棋BOOKS 相振りレボリューション
戸辺流相振りなんでも三間飛車 (マイコミ将棋BOOKS)
戸辺流相振りなんでも三間飛車 (マイコミ将棋BOOKS)

新しいバイブルになってくれればなぁ!なんて思っています。

ここで振り飛車党である私の戦法別バイブルをまとめておきます。
基本的に振り飛車関係の棋書は全て目を通しているものの、実質何度も読み返すバイブル的なものは限られています。

■石田流
石田流の基本―本組みと7七角型 (最強将棋21) 石田流の基本―早石田と角交換型 (最強将棋21)

■中飛車
中飛車の基本 ゴキゲン中飛車編 (最強将棋21) ゴキゲン中飛車の急所 (最強将棋21)

■角交換四間飛車&4→3戦法(この2冊+石田流は相性バツグン!!)
角交換四間飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS) 振り飛車4→3戦法 (マイナビ将棋BOOKS)

4→3戦法は角交換四間飛車や石田流と非常に関連性が深いので、とてもオススメ出来ます。

■振り飛車総合
久保利明の最強振り飛車戦略―角交換振り飛車の久保システム

現在はこちらをローテーションして読んでいます。
私の場合、振り飛車関連の棋書を全部購読して気に入ったものをバイブルに更新して読んでいます。
どれも超おすすめのものばかりなので読んでみてください!
[ 2013年05月04日 03:50 ] カテゴリ:りーりんが書くコラム | TB(0) | CM(0)

角交換四間飛車 徹底ガイド / 門倉啓太 /マイナビ

角交換四間飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
角交換四間飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)

■内容紹介
自ら角交換し、一手損した状態から駒組みを進める常識破りの新戦法「角交換四間飛車」は、プロアマ問わず流行しています。
先後にかかわらず使用でき、分かりやすい駒組みで主導権を握りやすいのがその特徴です。
角交換四間飛車は分かりやすい戦法ではあるものの、その狙い筋はいくつもあり、正しく使いこなさないと痛い目に遭う戦法でもあります。
本書では、そこを可能な限り噛み砕き、わかりやすく攻め筋や本戦法特有の手筋を解説しました。級位者でも読みこなせるように、指し手の解説は簡明を心がけ、すらすらと読めるように工夫しています。角交換四間飛車を指しこなすための新しい発見がきっとあるはずです。
角交換四間飛車は、著者自身の四段昇段の原動力となった戦法でもあります。この戦法をアマチュアの方がもっともっと使いこなしてほしい、という著者の思いが詰まった一冊です。

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
門倉/啓太
1987年6月3日生まれ。東京都豊島区出身。2000年9月、6級で石田和雄九段門。2005年10月、三段。2011年4月1日、四段(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■もくじ
序章 角交換四間飛車の原理
第1章 飛車先交換への対応
 まとめ
第2章 先手角交換四間飛車対△8五歩型
 第1項 △8五歩・△5四歩型
 第2項 △8五歩・△7四歩型
 第3項 △8五歩・△6四歩型
 まとめ
第3章 先手角交換四間飛車対△8四歩型
 第1項 △8四歩・△5四歩型
 第2項 △8四歩・△7四歩型
 第3項 △8四歩・△6四歩型
 まとめ
第4章 先手角交換四間飛車対△8三歩型
 第1項 △8三歩対向かい飛車
 第2項 △8三歩対四間飛車
第5章 後手番での戦い方
 第1項 3五位取り向かい飛車
 第2項 銀冠地下鉄飛車作戦
第6章 自戦解説編
 実戦譜1 手応えを感じた一局
 実戦譜2 神経戦を制す
コラム① 角交換四間飛車との出会い①
コラム② 角交換四間飛車との出会い②
コラム③ 私の日常

■おすすめ度 ★★★★★

■総合評価 95点

■感想
まさに新時代の始まりを示唆する一冊になっています。
アマチュアが苦しめられる穴熊にそもそもならないし、序盤が非常に明快で旧四間飛車を思い出すほどだ。
石田流やゴキゲン中飛車はいきなり中盤を飛んでいきなり終盤戦なんていうことがよくあるが、この角交換四間飛車はなりにくい。
この戦法は相手の6-8筋の歩・銀・桂の位置関係によってこちらの攻め筋が変わってくる。それによって向かい飛車で戦うことがほとんどだが、四間飛車で戦ったり、地下鉄飛車にしたりバリエーションは非常に豊かである。それでもって指しやすい戦法なのだ。 
絶対に”即買い”の一言に尽きます。

本書では3筋に振り直す形は見られなかったが、最近発刊された『振り飛車4→3戦法 (マイナビ将棋BOOKS)』も合わせて読んでみたい棋書だ。
この戦法は角交換四間飛車と類似した序盤から石田流を目指すというものなので、これを先後問わず非常に面白い指し方ができるのではないだろうかと予想できます。
私自身、先手=石田流・後手=ゴキゲン中飛車というように指していましたが、これを読んでメイン戦法を角交換四間飛車に乗り換えようかなと考えている程です。

ただ、相振り飛車での戦い方はわからないので、そろそろ相振り飛車の新刊がほしいですね。
どこかから発刊されるのを楽しみにしています。

また、次回は『振り飛車4→3戦法 (マイナビ将棋BOOKS)』のレビューを執筆予定なのであしからず。それでもって、この2冊を組み合わせた序盤のフローチャートを自分なりにつくって公開してみようと考えています。

■amazonのお客様レビュー

先手番なら例えば▲7六歩△3四歩▲2二角成、
後手番なら例えば▲7六歩△3四歩▲2六歩△8八角成としてしまえば
本書の形に誘導でき、変化も少ないので
手っ取り早く得意戦法にするには非常に有効だと思います。

将棋倶楽部24のサイト等で初段を目指すにはうってつけの図書ではないでしょうか。
初中級者で得意戦法を何か身に付けたいという人にお薦めできます。

ただ、二段以上を目指すのであれば本書から更に突っ込んだ研究が必要だと思います


今、プロ間で流行っている角交換振り飛車の本。基本的には、振り飛車自ら角交換をし、1手損をしたうえで場合によってはまた1手損して振り直すなどという、従来では全く考えられなかった新戦法。後手一手損の流れを汲んだ戦法とも言えるだろう。
流行の火種となったのは、やはり藤井先生。ファンとしては要チェックの戦型である。

なお、著者は門倉四段。初手7八飛~7七飛などという非常に面白い発想は見ていて面白い。新戦法を生み出すのも時間の問題か?今後要チェックの若手棋士でもある。そんな門倉四段の初棋書が、本書。コラムによると三段リーグ突破の原動力になったとか。コラムもなかなかおもしろかった様に思う。

内容としては、序章が角交換四間飛車の考え方や狙い等の簡単な解説。
次に1章で、居飛車側が早々飛車先交換をした際の対策を解説。この居飛車側の飛車先交換の対策については、特に目新しいこともなく、他書でもよく目にする形中心。
2~4章にかけてが、先手番での本戦法の定跡というよりは成功例の紹介的な感じである。
2~4章の違いは、後手居飛車側の飛車先の歩の位置によって分かれている。狙いは分かりやすく、向かい飛車に振り直して棒銀、これが基本である。場合に応じて▲6六歩も載ってはいるが、やはり逆棒銀が圧倒的にページ数を割いている印象だ。
5章は後手番での特殊な戦法の紹介をしている。プロ間ではあまり見ない作戦で、穴熊に組まれた際の千日手狙いの作戦と地下鉄飛車の2つが収録されている。2~4章通りに進めてもいいとは思うが、後手なので、という計らいだろうか?使う機会はなさそうだが、地下鉄飛車の攻め方については参考になった。
6章は著者の自戦記。逆棒銀以外の形での戦い方ということで参考にすればいいと思う。

対象棋力的には、低級者~二段程度までだと思う。逆棒銀の項目が多いこともあり、級位者の方が実戦で使えば、面白いほど勝てるのではないだろうか?私自身、何局か本戦法を使ってみて、本書のように逆棒銀を狙える局面になり、そのまま優勢ということも多々あった。指してみてとても面白い戦法である。

内容的には、読みやすく、狙い等もわかりやすい。さらに、居飛車の対策もかなり網羅されているということもあってよかったと思う。
ただ★4としたのは、上級者の友人と並べていた際に、「なんでここで優勢なんだろう?」、「この手はどうするの?」的な感じの話に何度かなったからだ。とてもシンプルな解説はそれで良かったのだが、私個人は本書に載っていない指し手がすごく気になってしまったために、このように評価した。

棋書にしては珍しく、とてもサクサク読める感じの本ではあるので、大まかな手順などを知りたい方や級位者の方で勝ちたい方には重宝されるかもしれない。



■2chの反応
45 :名無し名人:2013/04/15(月) 11:05:11.11 ID:B2t/huQG
24で5段(2400程度)の純粋居飛車党ですが、ここ最近角交換四間飛車と対戦する比率がシャレにならないくらい上がっていて(石田もゴキゲンも一時期から比べるとかなり減りました)、勝率も悪く、対策に苦慮しています
一昨日たまたま本屋で門倉氏の『角交換四間飛車徹底ガイド』を見かけて衝動買いし、一日掛けて一通り読んで盤に並べてみましたのでレビューします
まず某ブログを真似して5段階評価から
価値の不変度 ★★☆☆☆
難易度 ★☆☆☆☆
役立ち度 ★☆☆☆☆
楽しめ度 ★★☆☆☆

総合評価 ★☆☆☆☆

結論から言いますと、私個人としては非常に不満の残る内容でした
主な理由は1冊の棋書としての内容・密度の低さと、居飛車側の対応のいい加減さに起因します
具体的には「ココセ」が多すぎるのです。「大介本に通ずる楽観主義が根底にある」と評したほうが伝わるでしょうか
あまりにも居飛車側が漫然と駒組みをし、簡単に振り飛車側が有利になる変化が多すぎます(冗談ではなく、7割~8割程度の変化が振り飛車有利の結論で締めくくられています)
振り飛車側が逆棒銀をしようとしているのに、居飛車側が全く気にせずひたすら矢倉を構築したり、
7筋のよくある折衝(▲6六銀~▲7五歩と仕掛ける変化)では▲7四歩△同銀▲7八飛に△7三歩と居飛車党としては負けても指さないような手を指してみたり……(そりゃあ振り飛車有利になりますよ)
このあたりの変化は、糸谷本の第5章「一手損角換わり△8八角成型・前」の一部で書かれている内容のほうがよほど精査された手順で構築されており、門倉本では居飛車側の最善の対応には言及されていません(振り飛車側が簡単に良くなる、という結論)

また、門倉本では第6章で実践譜が2局掲載されており、この章の自戦解説だけは、概ね中立的な立場で解説されています
第1局が後手居飛車側が銀冠(個人的に角交換四間飛車対策として注目している形です)、第2局では先手居飛車で△2二飛に対してすぐに▲3六歩として正面から居飛車が突っ張る内容で、並べてみて勉強になりました
ちなみに2章~4章の先手角交換四間飛車編では、居飛車側の囲いは、指向性としては100%矢倉であり(銀冠は実践譜の1局のみ)、先手居飛車の場合のみ、矢倉から穴熊へのリフォームが紹介されています

46 :名無し名人:2013/04/15(月) 11:09:21.70 ID:ePsoKQRn
やっぱりココセ本か
ニコニコの門倉の説明きいててあやしいとおもった
低級向けの本だな

47 :名無し名人:2013/04/15(月) 11:09:36.89 ID:B2t/huQG
(続き)
厳しめの評価をせざるを得ない内容でしたが、あくまでも純粋居飛車党から見たレビューだということを改めて強調しておきます
若手プロの棋書としては、昨年度購入した『菅井ノート後手編・先手編』、『豊島将之の定跡研究』、『現代将棋の思想~一手損角換わり編~』、『四間飛車穴熊の急所2』の5冊が、
いずれも非常に完成度が高く、変化の密度が濃く、プロレベルの変化がしっかり記載されていたので、本書には不必要に期待しすぎた部分もあったかと思います

「角交換四間飛車に苦しまされている高段者」という枠組みでは、残念ながら本書はまったく薦めることができませんが(こんな対抗策もあるんだ、と感じた箇所が定跡解説の部分では全く存在しなかった)、
角交換四間飛車をこれから指そうと思っている方や、振り飛車党の方には参考になる変化が多くあるのではないでしょうか
良くも悪くも振り飛車党が気持ちよく居飛車側を木っ端微塵に破壊できる変化が満載ですので、「角交換四間飛車のエッセンスを獲得する」という意味では、本書はなかなか良い教本だと思います

居飛車党で角交換四間飛車に対して高いレベルでの研究を要する方は、やはり将棋世界や名人戦棋譜速報・ネット等でより新しい棋譜を入手し、できれば何人かで意見を出し合って一つ一つの変化を精査していくという地道な作業が求められそうです

長くなりましたが、以上です
長文失礼しました

48 :名無し名人:2013/04/15(月) 11:38:25.48 ID:B2t/huQG
あ、すみません。蛇足ですが、もうひとつだけ
門倉本は、原則として居飛車側が△4二玉としてきたときに▲2二角成と角交換する形しか解説していません

本来はあえて△3二玉とさせてから▲2二角成とする変化もありますが、おそらくこれはページを割いて解説してもアマチュアに正しく理解してもらうのは難しいと著者が感じたのだと思います(著者曰く「変化が多岐にわたるため本書では△2二銀型に限定します」(p.37))
実際に、あえて△3二玉▲2二角成△同玉とさせる意味を将棋世界でプロが解説した記事が載っていたこともありましたが(うろ覚えですが、勝又氏だったような)、相当難解な要素を含んでいたと記憶しています

藤井九段がしている本家独特の複雑で華麗でアクロバティックな角交換四間飛車を期待されている方は、そういったものは門倉本では解説していませんので注意してください
(居飛車側が△8五歩から咎めてくる変化で、ずっと▲8八銀のまま留まって挑発したり、▲9八角から逆襲したり(筋違い角の乱れうち)、仕掛けの後に▲7九金と寄ってみたりと、本家の棋譜は、ちょっと見ただけでは全く理解できないレベルの異筋満載です)

[ 2013年04月29日 21:15 ] カテゴリ:【棋書感想】角交換四間飛車 | TB(0) | CM(0)

よくわかる石田流 / 高橋一生 / マイナビ

マイナビ将棋BOOKS よくわかる石田流
マイナビ将棋BOOKS よくわかる石田流

■内容紹介
初段を目指す人に向けて、いろいろな戦型を解説する「よくわかるシリーズ」。第8弾は「攻める振り飛車」の石田流で、スペシャリストの高崎一生五段が解説します。
さばきを狙う石田流に対し、居飛車は棒金、左美濃、右四間飛車、4手目角交換など、さまざまな対抗策を見せてきます。どの戦型も簡単ではありませんが、石田流が十分に戦える順を示してあります。また各講座の最後には、覚えてほしい大切なことをまとめました。
本書を読んで、豪快にさばいて勝つ楽しさを味わってください。

■内容(「BOOK」データベースより)
角交換は大丈夫?後手8五歩にはどうする?どうやってさばく?現代流の先手7五歩。対棒金から最新形まで幅広く解説。戦法別「よくわかる」シリーズ第8弾。

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
高崎/一生
1987年2月12日生まれ、宮崎県日南市出身。1998年6級で米長邦雄永世棋聖門。2000年初段。2005年10月1日四段。2010年2月2日五段。竜王戦は4組、順位戦はC級1組(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次
第1章 石田流対棒金・二枚銀
    石田流対棒金・二枚銀(前編)
    石田流対棒金・二枚銀(後編)
第2章 居飛車持久戦策
    居飛車持久戦策 △5四歩・△5三銀型
    居飛車持久戦策 △6四歩・△6三銀型
第3章 石田流対右四間飛車
    石田流体右四間飛車 急戦編
    石田流体右四間飛車 持久戦編
第4章 升田式石田流
    升田式石田流(序編)
    升田式石田流(本編)
    升田式石田流(早石田)
第5章 対4手目角交換
補足の章 

■総合評価・・・79点

■おすすめ度 ★★★★☆

■感想
石田流における相振り飛車を除いたほぼすべての戦型に対応している棋書です。
内容としては入門・初級を超えて中級以上という印象です。また、一冊でこれだけの戦型をまとめただけあって、若干満足できないかもしれませんが、石田流を知ることにおいてはとても役に立つ一冊になると思います。
なにげに最後の補足の章はページ数はたった7ページしかないもののとても大事なものが詰まっていました。やはりこの辺の変化も相当重要だと思います。補足どころではないですね。
ただ言いたいことは”よくわかる”ではなかったことです!!
[ 2013年04月28日 22:43 ] カテゴリ:【棋書感想】石田流 | TB(0) | CM(0)
管理人

振り飛車党のりーりん

Author:振り飛車党のりーりん



注目の新刊
角交換四間飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)角交換四間飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
門倉 啓太

マイナビ 2013-04-13
売り上げランキング : 3679

Amazonで詳しく見る
おすすめの評価S級将棋本
将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS) 角交換四間飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS) 石田流の基本―本組みと7七角型 (最強将棋21) 石田流の基本―早石田と角交換型 (最強将棋21) 中飛車の基本 ゴキゲン中飛車編 (最強将棋21) 四間飛車がわかる本 (最強将棋レクチャーブックス) 戸辺流相振りなんでも三間飛車 (マイコミ将棋BOOKS) マイコミ将棋BOOKS 相振りレボリューション
月別アーカイブ
将棋漫画
ハチワンダイバー 28 (ヤングジャンプコミックス) ひらけ駒!(8) (モーニング KC)
BLOOD~真剣士将人 2巻 (ヤングキングコミックス) 3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)
JOKER(3) (ジュールコミックス) 王狩(3) (イブニングKC)
モテるために何してる?
セレクトショップの品質を低価格でGET!!
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。